令和元年度第3回「みんなのなんでも相談会」のご報告

admin, · カテゴリー: 活動報告 · タグ:

(令和元年10月19日 土曜日 デイホーム世田谷第一会議室)
令和元年度第3回「みんなのなんでも相談会」は、17名の参加をいただきました。ありがとうございました。
今回も前回と同様、参加者一同がテーブルを囲んで行いました。
意見交換のテーマについては、参加者の皆様より、テーマを出していただいたところ、次の7つのテーマになりました。
1自転車置場管理 2役員報酬 3管理会社との交渉 4共用部と専有部の保険
5総会での質問と投票権 6中古のマンション購入時の敷地権割合 7管理費の滞納
マンションで起こる様々な出来事について、実際に対応した管理組合の事例紹介や、専門的知識を有する資格者等の発言等、発言者が決まっていない形式だからこその良さがあると思います。
次回以降も大勢の方々のご参加をいただき、更に役に立つ相談会にしていきたいと思います。
令和元年度の第3回みんなのなんでも相談会の活動報告

令和元年度第1回と第2回みんなのなんでも相談会のご報告

admin, · カテゴリー: 活動報告

交流会イベント情報に令和元年度の第1回と第2回みんなのなんでも相談会の活動報告をアップしました。⇒令和元年度の第1回と第2回みんなのなんでも相談会の活動報告

第2回交流会セミナーのご報告

admin, · カテゴリー: 活動報告

第2回交流会セミナーのご報告

(平成30年7月14日 土曜日 三軒茶屋しゃれなあどホール)

 

平成30年度第2回セミナーは、53名の参加をいただきました。

3連休の初日、かつ朝から30度を超す猛暑日にもかかわらず、多くの方々にご参加いただきまして、誠に有り難うございました。

今回のセミナーは、交流会7年目にして初めて『マンション住民の高齢化』にスポットを当て、「世田谷区の高齢福祉政策を活用して、マンション住民はいつまでも生き生き元気」をテーマに、講演を4部構成で開催しました。

 

(1)第1部 世田谷区の高齢福祉政策について 

世田谷区の高齢福祉政策について世田谷区高齢福祉部高齢福祉課の高田係長にお話しいただきました。

世田谷区の85歳以上の高齢者の半数以上が一人暮らしである事、28年度の孤独死が64件もあったことを知りました。

世田谷区は、高齢者の見守りとして世田谷区内27地区の「あんしんすこやかセンター(地域包括支援センター)」を拠点にして、区内全域に高齢者見守りネットワークを構築して、民生委員のふれあい訪問高齢者安心コール(無料の安否確認)見守りステッカー制度を実施する等の施策を実施しており、地域での異変を「あんしんすこやかセンター」などの相談窓口に繋げていること、民間団体やNPO団体等の22事業者と「見守り協定」を締結して、地区高齢者の見守り活動を展開していることを学びました。

是非、交流会会員の皆さまも「世田谷区広報」に掲載される情報を有効活用し、ご自身のマンションライフ「いつまでも生き生き元気」に役立てみてはいかがでしょうか。

 

(2)第2部 民生委員の活動内容について

第2部では、世田谷区の高齢福祉政策の実施を下支えて活動されていると高齢福祉課の高田係長からご紹介のあった民生委員を代表して、世田谷区船橋地区民生委員児童委員協議会会長の福留保男 様にお話をいただきました。

民生委員制度が100周年を迎えたこと、民生委員は厚生労働大臣の委嘱を受け非常勤の「地方公務員(特別職)」として地域保健福祉および児童福祉向上のため、地域の身近な「よろず相談相手」として完全ボランティア(無報酬)で活動している「地域住民と行政機関との橋渡し役」であることを学びました。

世田谷区内には民生委員が約600名おり民生委員の担当人口は約1500名と、非常に激務であること伺ったうえで、民生委員の活動内容全般についてお話をしていただきました。

マンション住民に関しての実情については、「正直まったく情報が入らない、それは、戸外から分かりづらい、オートロック等の高いセキュリティーシステム、個人情報保護法の壁があり、特に75歳以上の独り住まいの男性とはコンタクトが取りづらく苦労が多い」とのお話が強く印象に残っています。

そうならないよう、交流会会員の皆さま、心していきましょう。

私たちが住んでいるマンションの地域担当民生委員を知って、困った時・相談したい時にすぐに連絡が取れるよう心掛けていくことが大切であることを学びました。

 

(3)第3部 男性シニア向け「おとこの台所」について

「おとこの台所」は男性シニア(65歳以上)を対象に料理を通じての地域の仲間づくりを目的として活動している団体です。世田谷区内の10ヶ所を拠点として(ここを「おとこの台所」と呼んでいます。)現在会員数329名を抱えているとても大きな団体です。

「おとこの台所」代表の名取順一 様に、活動内容についてお話をいただきました。

活動の背景の1つに、‘男性シニアは外に出たがらず引きこもりがちになる傾向がある’とのことです。

料理を通じ皆さんが楽しく交流されている様子を、名取代表が出演されたNHKテレビのDVDを視聴し、興味を持たれた方も多くいらっしゃったのではないでしょうか。

交流会のシニア男性会員の皆さま、「おとこの台所」の活動に参加してみてはいかがでしょうか。(参加申込は、「おとこの台所」のHPをご覧ください。)

 

(4)第4部 特殊サギ防止について

昨年度の世田谷区内における特殊サギ被害額は、216件、5億7千万円で都内最悪でした。一刻も早く未然に防御していかなくてはいけないと、世田谷警察署防犯課の中川係長に

サギの手法と対処法』をご指導いただきました。

サギの種類は‘還付金サギ’‘架空請求サギ’‘キャシュカード詐欺’等多くありますが、最近多発しているサギは‘キャシュカード詐欺’です。

『あなたのカードが偽造されました。・・・警察官が伺います。・・・・カードを引き渡してください。・・・・・新しいカードと交換します。』といった電話が突然かかってきたら、すぐに近くの警察署(※)に電話してください、

(※1…世田谷区内には、世田谷警察署、成城警察署、北沢警察署、玉川警察署があります)

「不審と感じなくてもためらわずに110番してください。」とお願いがありました。

実際、‘自分だけは騙されない’と思っていた方でも被害にあわれています。

相手はプロのサギ集団です。

「すぐに110番」を交流会の合言葉に、サギにストップをかけていきましょう。

 

(5)意見交換会

講演後の意見交換会では、自分たちのマンションにおける高齢化問題やその他のお悩みについて、いつも以上に活発な意見交換を行っていただきました。

参加していただきました皆さんありがとうございました。

 

【最後に】

交流会事務局の準備不足により、講演が始まった後も資料配りを続けご迷惑をおかけしましたこと、お詫び申し上げます。今後のセミナー運営に十分留意して参ります。

また、ご出席の皆さまには会場設営・片付をお手伝いいただきまして、誠にありがとうございました。

今回のセミナーに「テレビ東京」の取材カメラがはいりました。

「東京23区内で一番マンションが多い世田谷区のマンション住民が抱えている悩みや高齢化やマンションの空き室問題等について取材したい」という依頼が、世田谷区を経由してありました。ご参加の皆さま、取材へのご協力ありがとうございました。

交流会は、会員の皆さまと共に考えていきます。

皆さまが今抱えていらっしゃるお悩みやご意見をお寄せください。

交流会事務局では、世田谷区マンション交流会のホームページに【Q and A】コナーを新設するよう企画中です。ご期待ください。

 

今後も、マンションが抱える悩みや問題を皆さまと共に考え「より良いマンションライフ」を築き上げていきましょう。

以上

第1回セミナー(平成30年5月19日 土曜日)のご報告

admin, · カテゴリー: 活動報告

平成30年度第1回セミナーは50名のご出席をいただきました。

開会にあたり4月に世田谷区都市整備政策部住宅課課長に着任された佐藤理恵課長にご挨拶をいただきました。 (ご挨拶の内容は、交流会HPの新着情報をご参照願います。)

今回のテーマは、「マンションの法律問題」でした。講師をお願いしました安藤亮弁護士がテキストにそってマンションを取り巻く個別具体的な法律問題を解かりやすく丁寧に解説されました。セミナー後のアンケートでも、多くの方が解りやすくためになったと感想を寄せられています。安藤弁護士、有り難うございました。

(アンケート回収通数30、回収率68%、役員を除く対象者44名、

結果:とても参考になった57%、参考になった40%、参考にならない3%)),

マンション1っ1っに個性があります。自ずと対処の仕方は違ってくると思います。今もどこかのマンションでトラブルが起こっているかもしれません。

交流会は、会員の皆さまと一緒になって考えていきます。

なんなりと交流会にご相談ください。安藤弁護士をはじめとする協力専門家がお手伝いします。クイックリスポンスで対応させていただきます。

交流会のHPをご覧いただきまして、メール・FAXにてご相談・ご質問をお寄せください。問題が大きくなる前にしっかり対応処理し、より良いマンションライフを皆さまとご一緒に築き上げていきましょう。

平成29年度イベント開催実績報告

admin, · カテゴリー: 活動報告

平成29年度イベント開催実績報告です。

平成29年度活動実績

平成29年度 第3回交流会勉強会の報告

admin, · カテゴリー: 活動報告

今年度最後のイベントを平成30年2月24日に三軒茶屋のしゃれなあどホールで開催しました。

いつ起こってもおかしくないと言われている「首都圏直下型大地震へのマンション防災を考えよう」がテーマでした。東日本大震災から7年、『忘災』にしてはいけません。

第1部では、「耐震の取組・補強工事の実例と世田谷区の補助金」について、一級建築士の矢ケ崎誠太郎氏にハード面からお話しいただきました。

分かり易い丁寧な解説で「耐震診断と補強工事の必要性・重要性」を再認識できました。

第2部では、29年に耐震補強工事を実施されたマンション管理組合から福居勲理事長、山崎泉理事長をお招きし「いかにしてマンション住民の合意を図り準備し、どのようにして補強工事資金を確保して実施したか」について個別具体的にお話をお聞きしました。

非常に勉強になったと好評でした。

第3部では、大地震が起こるであろうと言われている日中の在宅者は、主婦・子供・お年寄り達です。そこで「地震が起こった時にどのような行動をとったらいいのか」を女性目線で横倉百合香マンション管理士にソフト面からお話しいただきました。

10名の女性参加者から、とても参考になったとのご意見をいただいております。

勉強会でいただきましたアンケートでは、今後も耐震関係、大規模修繕工事と施工会社の選定、悪質コンサルタント防止についてのセミナー開催希望が多くありました。

ご参考にさせていただき30年度の企画をしていきます。

より充実したセミナーにしていきますので、来年度も是非ご参加ください。

平成29年度 第3回セミナーの報告

admin, · カテゴリー: 活動報告

平成30年1月21日第3回セミナーが三軒茶屋しゃれなあどホールで開催されました。
初めてのアクティブ・ラーニング方式での「渡辺一一級建築士のセミナー」はいかがでしたか。
従来のセミナーの様に講師からのお話で終わるのではなく、参加していただきました皆さま方と共に考え、ご自分たちのマンションに合った対応策・問題解決策を見出していただきたいと企画しました。
質問だけでなく、皆さま方のご意見・お考え・知見をもっとご発言いただく時間を持ちたいと思いました。
講師のお話の途中で質問が入り理解が不十分であった、マイクスタンドを何カ所かに置いて時間のロスなく進めてほしいとのご意見等もいただきました。これからの企画に活かしていきます。ありがとうございました。
当日も多くの皆さまに参加いただき3グループに分かれての情報交換会では、活発な意見交換ができました。
今後も多くの方々にご参加いただき、他人(理事会)任せ、管理会社任せ、コンサルタント任せ、行政任せになることなく、一緒になってマンションが抱える悩みや問題点の解決策を考えていきましょう。

平成29年度 第2回セミナーのご報告

admin, · カテゴリー: 活動報告

 

定員60名のところ69名のご出席をいただき立見席が出るほど盛況でした。
ご出席の皆様、講師をお願いしました一級建築士の小野富雄様、区の関係者の皆様、ありがとうございました。
小野先生の時にユーモワを交えた解かりやすい講演と、カラー版テキストと100コマのスライドにより、今、私どもが住んでいるマンションの建物資産価値を落とさずに、いかにして価値を高めて長く住み続けるかを学習できました。
「インスペクションからエヴァリューションへ」のノウハウを皆様と共に実践していき、「世田谷ヴィンテージ100年マンション」モデルを、築き上げていきましょう。

平成29年度 第2回勉強会のご報告

admin, · カテゴリー: 活動報告

 

交流会設立以来初めての夜間開催でしたが、34名のご出席をいただき無事終えることができました。
自主管理を行ってきた工夫点や苦労話をお聞きしすると共に、管理委託の場合はいかに管理組合が主体性をもって管理会社にいい仕事をしてもらえるようにするかを、2人の講師にお話をいただきました。
講演終了後には、ご出席の皆さんと活発な意見交換ができ、盛況であったとの評価もいただいております。
尚、今回の勉強会、10月15日付のマンション管理新聞に掲載されました。合わせて報告させていただきます。

 

平成28年度の活動報告をまとめた「交流会通信」をアップいたしました。

admin, · カテゴリー: 活動報告

平成28年度の活動報告をまとめた「交流会通信」をアップいたしました。

↓こちらからダウンロードできます。

「マンション交流会通信 第11号」ダウンロード(pdf:104KB)

また、過去の交流会レポートは「交流会・情報提供」ページ下部の「活動報告」からダウンロードできます。

交流会・情報提供ページ